脳力開発・モティベーション産業のリーディングカンパニー 株式会社エス・エス・アイ

≡ MENU ≡

HOME はじめての
方へ
プログラム
紹介
サポート よくある
質問
パートナー 会社概要

はじめての方へ

ホーム > はじめての方へ > 今なぜ脳力開発が必要なのか

あなたの脳力は眠ったままになっている!脳を活性化させて一度の人生をもっと充実させよう

20世紀における情報化、デジタル化などの急ピッチな発展は、21世紀を豊かな社会にするはずでした。
ところが実際は、長引く不況の影響で会社経営の方針が急変したり、リストラを余儀なくされるなど、就職難、失業率増加、挙句は自殺や過労死といったさまざまな問題が増えています。
こうした社会の中で生きていると、人は本来の自分を見失ったり、自分に自信を持てなくなったりと、今まで味わったこともないストレスを感じるようになります。小さな不安や不満が積もってもそれらを押し殺し、「現状を維持するだけで精一杯だ」と開き直ったり、今の生活を改善できるアイディアがありながら「どうせダメだろう」と諦める。このような生き方をしていると、自覚がなくてもストレスがたまっています。
アロマテラピーやペット、観葉植物やヒーリング音楽などの癒し系グッズに人気が高まっているのが何よりの証拠でしょう。

思考も感情も行動も、すべては脳がコントロールしている

イメージ

イメージ

しかし、これらの癒し系グッズは確かに一時的なストレスを解消してくれますが、根本的な解消は期待できません。
溜まったストレスは厄介で、そのまま放置しておくと身体にも悪影響を及ぼします。人は無意識にこのようなストレスを感じたくないために、マンネリ化した日常に流されるままに身をゆだねて、余計なことは考えないようにする傾向にあります。みずから思考を麻痺させるわけです。
近年、脳科学は急速に発達し、心の問題を脳の活動レベルで説き明かす研究が盛んに行われています。心も脳の活動の一部であることは間違いありません。
ストレスを感じている脳は元気ではありません。パターン化した働きしかしようとせず、アイディアやヒラメキが浮ぶことも、カンが働くこととも無縁になります。

人間の脳は神経細胞が緻密なネットワークを形成していきますが、パターン化された働きしかしていない脳は、一部分しか活動していないため、使われずにいるネットワークは日増しに衰えています。
そのような状態では、ますますストレスが増えて、このままでは厳しい社会環境を生き抜くことすら難しくなってしまいます。

あなたの脳にも無限の潜在脳力が眠っている!

脳は何歳になっても活性化させられます。今からでも十分に鍛えることができるのです。
コンピューターをバージョンアップしていくように、脳も眠ったままになっている部分の脳力(潜在脳力)を引き出せば、フル活動するようになるのです。
あなたの脳にも無限の潜在脳力が眠っています。
「できる、できない」の能力や、「したい、したくない」のヤル気には個人差はあっても、脳力に差はありません。
違いをつくるのは、脳力活用の差であると断言できるでしょう。
あなたの頭の中に眠ったままの潜在脳力。それらの脳力は、何もしなければ死ぬまで使われずに消滅していくだけ。何とももったいない話です。脳を磨けば、感情や思考、行動が自然と変化していきます。眠れる脳力をあと数パーセント多く使えるようになるだけで、仕事が変わります。人間関係が変わります。人生も大きく変わっていくことでしょう。

脳力開発は本当に効果があるのか?

イメージ

よく「脳力開発は本当に効果があるのか?」と言う人がいます。
しかし、効果があるかどうかで半信半疑になって、何も行動を起こさないで得られる利益は何でしょうか?
たとえば、車の運転で最もつまらないミスは、カラ吹かしです。ガソリンを無駄にするだけでなくエンジンも痛めてしまいます。もしもあなたが本気で充実した人生を送りたいと望むなら、きちんとギアを入れてアクセルを踏み、目的地に向かってハンドルを操作しなければなりません。脳力開発というのは、そのためのノウハウだといってもいいでしょう。

地図で一番スムーズにたどり着ける道順を検討し、ガソリンが十分に足りるかどうかを確認する。そして、目的地に向かって安全な運転を心がける。途中で渋滞に巻き込まれることもあるでしょう。あるいは予定していた道が通行止めで進路を変更しなければならないときもあります。
しかし、目的地さえしっかり定まっていれば、回り道をしようともたどり着くことは可能です。脳力開発は、あなたが行きたいと望む所に短期間で効率的に運んでくれる、実践的なノウハウの集大成なのです。
さあ、その扉を今すぐ開けましょう!

 
  • お客様相談室 0120-93-3701 月曜日?金曜日 午前10:00-午後18:00 ご登録頂きましたお客様情報の変更・削除のお手続きはこちらから
  • メールマガジン
  • SHOP SSI
  • 採用情報
  • マスコミ取材履歴
SSI HOME初めての方へプログラム紹介サポートよくある質問ビジネスパートナー会社概要SSIからのお知らせきこ書房メールマガジン
セミナー紹介SHOP SSIマスコミ取材履歴お問い合せ資料請求使用条件と著作権特定商取引法個人情報保護誹謗中傷サイトへの対応についてサイトマップ